原田
原田

2014年入社
東京支店 新事業部

ヒラタグループを志望した理由をお聞かせ下さい。

原田当時、初めに興味を持ったのは新規事業として販売を始めていたシリコン容器【味膳】です。企業が持っている技術や経験・ノウハウが、新たな商品開発に生かされているというところが魅力でした。決められた範囲でとどまらず、新たな世界を広げているという印象が強かったです。自分もそんな中の一人に成れたらと思い、志望致しました。

一日の仕事の内容をお聞かせ下さい。

原田商品をお取り扱い頂いている企業様とのやり取りや商品拡販の為の対企業様への営業活動が中心です。また店頭に立って実際に販売をする実演販売を行うこともあります。自分たちで直接販売をすることで消費者様の生のお声も聞く事ができ、とても良い機会だと思っています。こういった場で頂いた意見や感想、反応は商品を良くしていく為の貴重な場だとも感じておりますし、今後の商品展開についても考える事が出来る良い機会だとも思います。

ヒラタに入って良かったこと。

原田当たり前の事かもしれませんが、周囲の方を思いやる、気づかいや礼儀を教えて頂いたことです。これは私自身が肌で感じた事です。社内外に関係なく、相手の事を考えて行動をする事の大切さを実感する瞬間が多々あります。日々の生活のなかで反省をすることも多いですが、まずは自分のことではなく「人の為に」と考える事の出来る人間になれる様成長していきたいなと思います。

仕事上の成功談、失敗談をお聞かせ下さい。

原田仕事上の段取り不足や計画不足など、あげればきりがないですが、日々難しいと感じているのはタイミングです。お客様への商品提案ではその時の流行や人気の商材、季節や売れ筋等すべてにタイミングがあると思います。そこにうまくマッチするには市場の動向調査や、マーケティングも必要だと思うので今後はそういった所も強化して、一人でも多くのお客様に商品の魅力を伝えていけるように努力をしていきたいと思います。

将来の夢や目標をお聞かせ下さい。

原田商品をみれば、"ヒラタ"の名前が出てくるような製品を育てたいです。現在販売をしている商品はもちろん、○○といえばヒラタ!というような認知度の高いヒット商品や定番商品を展開する事が目標です。

社員紹介

三ツ橋和徳
原田
三ツ橋和徳
原田
具多藝(クダイェ)
魏祺(ウェイチ)
具多藝(クダイェ)
魏祺(ウェイチ)
陳簫(チンショウ)
Lat(ラット)
中西ステペン
陳簫(チンショウ)
Lat(ラット)
中西ステペン
Page Top